#blog-title-inner { background-size: contain; } 9c7be497c9b2dd3b3bc890f31a3e85b691e79ad6.html
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

【考えを変える】オリジナル遊学のススメ!

f:id:upuptou:20160514150546j:plain

 

どうも、ウーマクー親子です。

 

今日の沖縄は晴天です。梅雨を通り越して、夏の雲があるくらいの晴天。

いやー。気持ちがいい。

 

さて、みなさん知ってますか?【オリジナルでカスタマイズして遊学】すること。特に大学生になった方は、大学4年間の間に海外へ1ヵ月でもいいからいくべきです。社会人の方も休みがとりにくいかもしれませんが、海外へ行くことをオススメします。

 

特に大学生のみなさんは、夏休みが2か月もあるので、今からでもお金を貯めて、海外へ【オリジナル遊学】をすべきです。

 

【オリジナル遊学】のススメ。

先ほどは、大学生のみなさんと言いましたが、社会人の皆さんもです。

最近は、自分で海外へ行く方が増えてきていると思うんですよ。

 

 

~今ままでの日本にいるかたたちの多くの考え方からすると、海外へ留学へいくと考えると、日本にいるときに予め現地の語学学校へ行くことを決めて、いわゆる外国で第二外国語を学ぶスタイルをとる~

 

方が多いと思うんですよ。もちろん、そういう学び方もありだと思います。ただし、そういうところって決まって日本人が多くいて、海外にいるのに日本語を使っていることが多いと思うんですよね。

 

個人的には、【オリジナル遊学】をススメます。

 

私の【オリジナル遊学】体験。

僕は、大学時代に絶対に海外に留学=遊学?いくと決心して大学に入りました。

だって、4年間のモラトリアム期間を頂いているのに何もしなかったら、もったいないじゃないですか。

 

とりあえず、2年間バイトをひっしこいてやって30万円貯めました。そのお金で、いざ遊学へと。

 

しかし、ただ語学学校いって、ホームステイ先へ行くスタイルもどうかとお思っていたですよ。

 

僕が取ったスタイルは、たまたま、外国人が主催する祭り会場で出会った方とたまたま仲良くなり、結果的には、その方を通して、カナダのカルガリーへ行くことができました。期間は1か月間。

 

たまたま、出会った方は、僕と同級生でもちろんカナダ人。沖縄で沖縄県知事の横で通訳をしたり、翻訳をするというJETプログラムという一環で沖縄へきていました。

 

もちろん会話は、日本語です。安心してください。笑

 

その方のおかげで、現地の中学、高校の日本語授業アシスタントとして働けることができました。もちろん、ボランティアとしてです。

 

要は、「僕が日本語を教えるから、彼ら(外国人)は英語を教えてよ」というスタイルです。GIVE AND TAKE(ぎぶ あんど ていく)ですね。

 

僕は、現地の中学生から英語を教わったんですが、やっぱり彼らは、物事を教えることがうまいなと感じたんですよ。

 

どうやって会話するかというと、

基本的に「これ何ですか」What is this?

How Can I say  in English?

からはじまり、

例えば、「トイレに行きたいとか」

から単語単語で会話のスタイルでした。

 

そうしているうちに、なんとなく言葉を話せるようにまで成長することができました。僕は、あの時に、やっぱり人とコミュニケーションすることが好きなんだぁーと思いました。

 

まとめ

かなり話が広がりましたが笑

ぜひとも海外へ遊学へいき、日本とは、違った空気を吸い込んでみるのもいいのかなと。

 

新たな経験を積めるかもしれませんよ。最近は、

説明会会場・日程詳細 | 海外ビジネス武者修行プログラム

こういうプログラムとかもあるようです。

 

人生一度きりなので、一度は海外へ行ってみてはいかがですか。確実に人生の幅が広がると思いますよ。

 

読んで頂きありがとうございました。