#blog-title-inner { background-size: contain; } 9c7be497c9b2dd3b3bc890f31a3e85b691e79ad6.html
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

【書評】とことんやれば、のススメ


f:id:upuptou:20160311121626j:image

 


社会人になり本を読むことが多くなった。

今日は、【書籍】を紹介したいと思う。

 

とことんやればの、ススメ。

原田泳幸さんが本の中でこんなことをいっていた。

 私が大切にしたキーワードは、「成長」です。

「仕事でも趣味でも、会社も個人もすべての面で成長したい」

そのためには、どのような考えで、どのような投資をどのようにいつまでにするかがまさ創造力の鍵になります。このことを明確にしながら、チャレンジしていきたいと思います。そして、目標達成に向け最後まであきらめないことが大切です。

できない理由を探すのではなく、とりあえず走り出してみる。走りながら修正する。ここぞと思ったときは、徹底してベストの結果を出す。そのためには自分の得意なことにフォーカスを合わせて熱中する。

自分も社会人の始めの時に先輩から多くのことを勉強させてもらいました。まさに、原田さんが言語化してくれてすっきりしました。


f:id:upuptou:20160310152636j:image

短期間で成長するための自己投資術

一年かかることを三か月で終わらせる。

そもそも投資とはなんなのか。この本でも紹介されているように、

「新しいプロセスに取り組むこと。つまり、仕事をはじめとする毎日の行動には同じことの繰り返しがたくさんンありますが、そのなかでも違う結果を出すように頑張っていくのが時間に投資するということなのです。

 と解釈されている。この考えには、僕も同様な意見だ。私も陸上競技をしているんですが、やっぱり自分で考えて練習メニューを作り、トレーニングするから楽しくできる。さらに、成長もできる。個人的な意見だが、自分で考えて楽しさを追及するべきだと思う。

 

感謝の気持ちがあれば、人は助けてくれる。

当たり前なんだけど、普段生活していると、自分だけの世界に入ることが多くあると思う。

時には立ち止まって、自分がどれだけの人に支えられているのか、考えてみたいものです。人は誰一人の力で生きていけません。感謝の気持ちを忘れると、たとえ仕事で成功を収めても、お金持ちになっても、心が殺伐とし、決して幸せな人生を全うすることができないでしょう。

「感謝の気持ちと思いやり」

 

例えば、外国人が日本で道に迷っているとしよう。自分は真っ先に助けるだろう。本当に当たり前のことですけど。

 

個人的にこの本のキーワードは、【成長】だと思う。

今後、人として「成長」できるように、まずは興味のあることに熱中し、多くの成功体験を積み上げていきたいです。

 

この本を読んでおけば、何気ない日常にも「成長」の糧となる「材料」に気付けるので、世界が180度変わって見えるかもしれません。

 

これから4月になり新たなスタートを切る人や社会人の方にもおすすめ本ですよ。

 

記事の頭で紹介した本です。

 

とことんやれば必ずできる

とことんやれば必ずできる

 

 

 

「とことんやれば、必ずできる」、めちゃめちゃおすすめです!