MENU
MENU

【幼児雑誌の口コミ】子育てパパが幼児雑誌のおすすめを紹介する!

f:id:upuptou:20170621061513j:plain

 

 

 

はいさい、子育てパパのキンジョウです!

 

子どもと楽しく遊び学ぶことができる幼児雑誌!幼児誌ってたくさんありますが、子どもにどれを買ってあげようか迷うことってありますよね。

 

では、なぜ、僕が幼児雑誌について、おすすめするかです。

 

「幼児期に、子どもになんにでも興味を持ってほしいから」

 

幼児雑誌って、1,2,3歳と1歳きざみで年齢が分かれて販売されていますが、どれを子供に買ってあげようかと迷うことってないですか?

 

 

今回は、幼児雑誌の選び方をご紹介します!幼児雑誌に興味がある人にはおすすめですね。

 

それではいってみましょう!

 

幼児雑誌を買うなら、「げんき」がおすすめ!

 幼児雑誌ってたくさんありますけど、個人的に講談社「げんき」がおすすめです。

なぜなら、「げんき」って付録がすごいんですよ!

 

具体的に言うと、知育的な付録があったりと子供が楽しく遊べるように作れられているからです。しかも雑誌の値段も1000円以内で買うことができて、おすすめなんです!

 

 

【幼児雑誌の口コミ】幼児雑誌の選び方は?

 

僕は、2歳の子どもがいますが、この年代の子って、1か月前にできなかったことが、1か月後にはもうすでにできていたりとする年ごろです。

 

例えば、僕の子どもの例で言うと、一か月前は家に帰ってきたら靴並びなんかできなかったです!

 

しかし、最近では、親が教えずにでも靴を自分でならべることができたりと成長が見られたりとそういう時期なんです。

 

幼児雑誌を選ぶ場合は、子どもが興味を持つ雑誌を選ぶといいといいですよ!

 

例えば、NHKおかあさんといっしょに出ているキャラクターや一番は子供が好きなキャラクター、付録で選んであげるといいと思います。

 

幼児雑誌で子供と遊ぶメリット! 今の幼児雑誌って実は、すごいんですよ。

何がすごいって?を簡単に箇条書きにしたいと思います。

 

幼児雑誌のここがすごいポイント!

NHKででるようなキャラクターが多く多用されている。

→子供が学ぶよりは、遊ぶように作られている!

 

〇貼ってはがせるシールがあって、子供が何度も遊べる。

 

〇仕掛けページがある!

 

〇あそびドリルがついていて、手を使って脳トレができる!

 

〇700円以内では購入できる!

 

今の幼児雑誌って子どものために本当に考えていて、値段以上の物を得ることができますよ。

 

【幼児雑誌】1,2,3歳児の幼児雑誌「げんき」と「ベビーブック」の比較してみたよ!おすすめは?


f:id:upuptou:20170621063450j:image

実際に購入してみて、付録など何が違いがあるのか?と、

今回は、1,2,3歳児の幼児雑誌「げんき」と「ベビーブック」の比較してみました!

※7月号のみだけの比較となります。

 

1.「げんき」と「ベビーブック」の共通キャラクターは?値段は?

〇いないないばぁ

〇お母さんといっしょ

 

げんき:670円

 ベビーブック:700円

 

2.「げんき」相違キャラクター

〇ガラピコ

みいつけた!

〇ディズニー

トミカプラレール

チャギントン

 

ディズニーが好きな人は、「げんき」を買うといいですね!

 

3.「ベビーブック」の相違キャラクター

アンパンマン

ドラえもん

きかんしゃトーマス

 

 子どもの好きなアンパンマンドラえもんが好きな子は、「ベビーブック」を買うといいですね!

 

関連記事→げんき(講談社) カテゴリーの記事一覧 

 

1、2、3歳なら、幼児雑誌のおすすめは「げんき」

こうやって幼児雑誌を比較してみると、キャラクターの違いや付録の違いがありました。

 

個人的には、講談社のげんきをおすすめします。なぜなら、子どもが「げんき」を好きなことはもちろんですが、ページをめくりながら遊べたり、貼ってはがせるシールで子供が自由に遊んでいるからなんですね。

 

一番は、「げんき」の付録で子供が遊んでくれるとこがいいですね!幼児雑誌の付録って値段以上のものが得られるのでオススメなんですよ。

 

もちろん、アンパンマンドラえもんが好きなお子さんは、「ベビーブック」を買うべきだと思います!

 

子どもがどの幼児雑誌が興味があるか見極めることも、親の役目ですからね。子育てって本当に奥が深いです!