#blog-title-inner { background-size: contain; } 9c7be497c9b2dd3b3bc890f31a3e85b691e79ad6.html
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

【幼児誌】付録がすごい、講談社げんき2017年5月号をご紹介。


f:id:upuptou:20170409144114j:image

講談社のげんき」を愛用しているウーマクー親子(訳:やんちゃ親子)です。

 

子育てをしていて、きっとこういう不安が浮かんだことはないですか?

 

「子供を楽しく遊ばすにはどうしようか」と。

 

僕も、子育てするときには、やっぱりどうやって子供を楽しませようかと悩んだ経験があります。

 

そんなときに、【幼児誌】げんき(講談社) にであってからは、楽しく遊ばせることができています!

 

さて、毎月、げんきを愛用しているので、親子で楽しめる「げんき2017年5月号(講談社)」のご紹介をしたいと思います。

 

それではいってみましょう。

 

 

【幼児誌】げんき2017年5月号(講談社)をご紹介!

 

1、2、3歳児の子ども雑誌「げんき」のです。

 

子ども向け雑誌って、付録がメインになりがちですが、実は、最近の子ども雑誌がすごいんですよ。

 

脳トレあそびドリル

〇雑誌にシールを貼ってはがせて遊べる

〇各ページに工作が作れるページがある。

 

などなど。

 

これだけの子育てにメリットがある本なので、一度買ってみて下さい。

 

2017年5月号の特徴は、シールを貼ってはがせて遊べるページや付録「えあわせカード」など、本の値段(670円)以上に質の高い雑誌です。

 

親御さんへ向けたメッセージもありますしね。

こんなとき、どうする?

 
f:id:upuptou:20170409144354j:image

 

子育てのアドバイスが載っているんですよ!

 

げんき2017年5月号の良いところは!?

 

「ガラピコぷー」の身長計がついているところです。NHKでおなじみのキャラクターのページをはがして自宅でも身長が図れる工作がついているところがいいですよね。


f:id:upuptou:20170409144416j:image

 

いつも接していては、なかなか子ども身長が伸びたなぁーとかは気づきにくいので、こういう手作り身長計がついていたら自宅でも数値化できますよね。

 

 

げんき2017年5月号(講談社)の付録がオススメ

 

「げんき2017年5月号」の付録は、お風呂でも遊べる「みいつけた!えあわせカード」です。

 

スポンジでできているので、壁にも貼ることができるんですよ。

 
f:id:upuptou:20170409144425j:image

 

 

しかも、片づけやすいように袋までついているんです。収納までできる付録です。

 
f:id:upuptou:20170409144434j:image

1,2,3歳児になるまでに絶対にお風呂嫌いになる時期ってあるんですよ。子供の心理からすると以下の理由があるからです。

 

〇お湯をかけられる

〇シャンプーが目に入る

〇シャワーが怖い、、、

 

などなど。このような不安を取り除かなければ子どものお風呂嫌いっていうのはなおらないんですよ。

 

お風呂嫌いを克服した1つの方法

おもちゃをお風呂に置き子どもの好きなように遊ばせる。もちろん、お父さんやお母さんは必ず子どもから目を離さないで下さい。

 

個人的に、こどもの好きなおもちゃなどを置いたり、保育園で歌っている歌などをして自然にお風呂になじませるようにトライしていますよ。

 

ぜひ、げんきの付録のようにお風呂場で遊んでみてはいかかですか?

 

子どもとお風呂に入ることは、親と子の大事なスキンシップです。小さい時しか一緒に入ることができないお風呂で思い出を作るのはどうでしょうか。

 

僕は、仕事で保育園の迎えなどは行けなくて、お風呂のように限られた時間のなかでスキンシップをとるように心がけています。

 

 

脳力ドリルもついているのでオススメ!

市川希先生が提唱する子どもの能力開発メソッド!

 

知能を「憶える力」「考える力」と定義し、右脳と左脳の領域の問題にバランスよく取り組むことにより脳全体の開発、知能の向上を図ります。


1歳2歳3歳と子どもが成長していくために、げんきの毎号に載っています!

 

図形や記号などハサミで切って遊んだり、シールを貼って遊ぶこともできますし、

こどもが結構楽しくシールを貼って遊んでいるので面白いですよ。

 

 

講談社の『げんき2017年5月号』まとめ



 

今いろいろな子供向け雑誌がありますが、

 

月刊誌の値段以上にある付録、脳力開発ドリルなど子どもが遊べる要素がたくさんつまっています。また、親へ向けたコラムもあるので他の子ども向け雑誌とは違うでしょう。

 

子どもへのご褒美に、いかがでしょうか?

こどもが喜ばれますよ。