#blog-title-inner { background-size: contain; }
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

どこよりも当たる!?米軍台風進路情報!

台風情報

 

f:id:upuptou:20160823150734j:plain

 

 

台風の進路情報って気になりますよね。

 

休日の予定もあるのに台風なのにと。。。 

台風が来ると心配事が増えますよね。

 

台風が来たら予想できないくらいの風が、吹きます。

甚大な被害もでるときがあります。

でも、台風進路情報があったら、先のことまで予想でき行動の幅が広がります。

 

今回は、僕がいつも見ている。【どこよりも当たる!?米軍台風進路情報】をご紹介したいと思います。

 

正確な台風進路情報がしりたいですよね。

 

そもそも、台風情報ってどうやって知る!?

皆さんは、どうやって台風情報を得ていますか?

 

台風情報を知る方法って?

〇メディアのニュース

気象庁の台風情報

等かなーと考えられるかな。日本のニュースなどは、気象庁の情報から分析して発信していますよね。

 

気象庁の台風情報は、

→3時間おきに情報が更新される。

→日本に接近したら、1時間おきに更新されます。

 

米軍の台風進路情報

今回紹介するのは、米軍の台風進路情報

【米軍合同台風警報センター】

英語表記は、こちらJoint Typhoon Warning Center (JTWC)。

 

アメリカ軍の機器を使った台風進路情報なので、ほぼほぼ当たります。僕は、いつも台風が近づいてくるとこちらをみて、今後の予定を立てるくらいです笑

→調べてみると、

アメリカ海軍アメリカ空軍ハワイ州真珠湾海軍基地海軍太平洋気象海洋センターに共同で設置した機関である。アメリカ国防総省合衆国およびミクロネシア地域住民の利益に供する為、北西太平洋地域、南太平洋地域、インド洋地域で発生する台風および熱帯低気圧について監視し、警報を発する任務を負う。アメリカ国防総省に所属するすべての部署に情報を提供し、世界各国と連携して船舶および航空機の安全な航行を保障するために活動している。
引用ー

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%88%E5%90%8C%E5%8F%B0%E9%A2%A8%E8%AD%A6%E5%A0%B1%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC

 

 

下記のサイトへアクセスします。

【米軍合同台風警報センター】

 

下記の場所をクリックします。

f:id:upuptou:20160823144728p:plain

 

そしたら、下記の図が出てきます。

f:id:upuptou:20160823144810g:plain

台風の位置ごとの日付と時間があります。

※時間は、アメリカ時間を表記しています。 

 

その時間に、9時間足した時間が日本時間に来る予想時間になります。

 

 

気象庁と米軍進路情報の違いについて。

更新頻度は、

→米軍は、常時6時間ごと、

→日本は、日本列島に大きな台風が近づいているときは、1時間ごとになります。

 

台風10号の迷走について。

沖縄の人にとっては、台風10号が気になるところですね。

f:id:upuptou:20160823144810g:plain

米軍は、このように予想しています。ここから見る限りかなり迷走しているようにみえますよね。

 

今の時期にこのように動いているのは、今後の動きに気になります。

 

まとめ

今回は、米軍の台風進路情報についてまとめました。僕は、台風が日本列島に近づくと主に、【米軍合同台風警報センター(JTWC)】こちらを利用しています。

 

あ、気象庁のサイトを見ていないとは、言っていません笑

ちゃんと、両方のサイトをみて比較していますよ。

 

ぜひ、活用してみて下さい。

 

【台風関連】

こんな記事も書いてます。

 

www.irei-takafu.com