MENU

3年間5時起きをで勉強をするべき3つの理由。

f:id:upuptou:20160509065934j:plain

こんばんは。

今日もいい天気でした~@沖縄

 

沖縄はもう夏ですよ。でも、そろそろ梅雨が入るか。笑

 

さて、ここ3年くらいですかね。朝早めに起きるように心がけているんですよね。そのせいか、嫁からは、「あんた、早く起きすぎだから。。。」言われます。笑。

 

要するに、おじいちゃんかと!笑

 

僕は、いいます。

 

「目が覚めるから起きるんだよ」

そして、

「好きなことを朝一でやりたいからと」

 

朝早くから何してるか?

運動です。軽ーく20分くらいですが、体操や筋トレをして体の新陳代謝あげてるんですよ。

 

または、勉強しています。

 

体が疲れたなーと感じたときは、多めにストレッチして、体の細胞に刺激を入れたら、なぜだが気持ちがいいんですよ。

 

というのは、研究結果から実証されているんですよ。

全身の血行をよくし、肌も明るいトーンになる!

美容には意識が高いけど、激しい運動をするのは苦手……という人にこそ、マイルドなウォーキングがおすすめ。元気よく歩くことで全身の血行がよくなり、細胞のすみずみまで酸素が行き渡って肌細胞も機能がアップします。たくさんの酸素を体内にとりこむことで老廃物もどんどん排出していきます。その結果、肌も明るいトーンになり美肌につながるのです。

参照ー

news.livedoor.com

 

免疫力アップで、カゼに負けない体になれる!

イギリスでの調査によれば、1日20分~30分歩くことでカゼなど呼吸器感染症のリスクを30%低下させられるといいます。ウォーキングは肺や気道に潜む細菌を排出する作用を助け、病気に感染するリスクを下げると考えられています。
なお、ウォーキングで血行がよくなるおかげで、病原菌と戦う白血球の機能を高めることも体を守ることにつながります。免疫力があがれば、体調不良にもなりにくく、いつも快適に過ごせることでしょう。

参照ー

news.livedoor.com

3年間続けて分かったこと。

個人的には、楽しいことがあるから起きているんですよ。

 

これは、僕の脳にも同じことが言えているみたいで、そういう感情があるんですね。

 

①「朝起きて、ストレッチでも10分くらい毎日続けることがいいこと」

→僕は、朝起きてストレッチや運動をして仕事へ行くことで、自分のモチベーションにつながりました。というのは、

 

②強い目標があったからですね。

 →足が速くなりたいと。

僕は、社会人から短距離、いわゆる陸上競技をはじめました。これがきっかけでストレッチや運動について調べるようになったわけです。

 

決して現在、足が速いというわけではありません。ただ速くなりたいです。笑

 

こういう朝早く起きて、「好きなことをする習慣作りが大事」なのかなと。

 

とこの3年間早起きして感じました。

 

病気の予防にもつながる。

心臓病予防にもつながる!

心臓病のリスクなんて普段はあまり気にしていないかもしれませんが、ウォーキングはその予防に大きく貢献してくれます。コレステロール、血圧、そして糖尿病リスクを低下することで、心臓そのものを守ることにもつながっているのです。

参照ー

news.livedoor.com

 

③認知機能も刺激するはずですよ。

なぜなら、朝から、ウォーキングすると頭がすっきりするからです。

 

まとめ

大事なことは、「好きなこと、楽しいことを朝早く活動してみたら」といいたいわけですよ。

 

そのうえで、なぜやりたいのかという動機づけですね。ぼくは、上記の方法で社会人になって大好きな陸上と出会うことができました。

 

みなさんも、朝活はいかがですか?

 

読んで頂きありがとうございました。