#blog-title-inner { background-size: contain; }
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

新生児の鼻水にオススメな2選!要チェックですよ。


f:id:upuptou:20160417074358j:image

 

僕は1歳になる子供がいるんですが、子供が6か月を過ぎたあたりから鼻水が止まらない止まらない。。。子供が軽い中耳炎になってしましました。

 

お子さんをお持ちの方もこういった(鼻水がだらーと続く)悩み?はあるのではないでしょうか。

 

そこで、僕が今回中耳炎になったときに使った鼻水吸引機について紹介したいと思います。この吸引機を使ってからは、だいぶ鼻水もよくなったので対処法としては正解だと思います。

 

まず、鼻水が耳に流れる原因から。

子供の中耳炎は、鼻の奥にたまった鼻水などの炎症が耳に流れて発症するのです。

 

子供の鼻奥の鼻水がたまる高さと耳奥の高さが近いため鼻水が耳に流れやすくなるんですよね。

 

新生児の赤ちゃんは、まったく鼻を自分でかむことはできません。そこで、親が電動吸引機手動吸引機で鼻奥にたまった鼻水を吸ってあげることがとっても大事なんですよ。

 

なぜ、中耳炎になるの。

鼻水がたまる状態がわかったところで、なぜ耳が炎症するの?って思いますよね。

 

原因は主にこれです。



f:id:upuptou:20160417074434j:image

新生児の耳の構造。

新生児は、耳と鼻をつなぐ管が大人よりも短く、水平に近い構造になっているため、中耳に菌がたまりやすいんです。さらに、新生児は、ある時期を過ぎたら、母親の免疫力から解き放たれ自分の免疫力で生きなければなりませんね。

 

もともと免疫力は低いので、風邪をこじらせて中耳炎になりやすいんですよね。

 

解消法。

じゃあ、鼻水を吸い上げたらいいとおもいますよね解消法があるので紹介します。

 

鼻水が出ていたら鼻をこまめに吸ってあげる必要があります。

耳鼻科にいき先生へ吸ってもらうのもありだと思います。

 

僕は、子供のかかりつけの耳鼻科の先生から教えて頂いた方法があります。「電動吸引機」。

これを使ったら、治りが本当に早くなりました。

手動のものと比べたらぜんぜん能力がちがいます。おすすめは、お風呂上りに吸ってあげることです。


『はじめての鼻水吸引ガイド』 メルシーポット S-502

簡単な吸引機の動画があったので、ご覧ください。

 

もう一つは、

「手動の吸引機」

 

ママ鼻水トッテ

ママ鼻水トッテ

 

 

こんな感じですよ。風邪の鼻水だったらこれで吸引できそうですがひどくなったらこれでは効果は薄そうに感じました。

 

僕は全力ですっているのに子供が大泣き。さらに鼻水がとれないとなると効率がわるいですよね。

 

まとめ。

鼻水や中耳炎には原因があるんですね。新生児の鼻水を放置すると中耳炎になる。さらに、ひどくなると耳を切開する手術になる可能性もあるんですよね。

 

僕はかかりつけの先生のとこで、幸いにも電動吸引機をレンタルしています。

これを使ってからは、だいぶ治りも早く治りましたよ。もちろん薬物療法と併用してですよ。

 

そんな方がこの記事で救われると嬉しいです。