#blog-title-inner { background-size: contain; } 9c7be497c9b2dd3b3bc890f31a3e85b691e79ad6.html
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

バスケット初心者が違反しやすい5つのルール


f:id:upuptou:20160325073418j:image

 

〇トラベリングってなーに。

〇ダブルドリブルってなーに。

〇ファウルってなーに。

 

「バスケットのルール」って難しい。あなたもそんな風に思ったことないですか? 

私も初めて見たスポーツの試合でルールがわからないからとあまり興味を持てなくなったのもしばしば。

 

バスケットはじめたての方が、「バスケットボール初心者をには、何点か違反しやすいルールがある」ということがあります。   

 

そこでこの記事では、初心者が違反しやすいルールをまとめて紹介します。さらに、初心者の方でも今後気持ちよくプレーするためにも、コツも少しまとめました。考え方を変えただけで取り組みが変わるはずです。

 

バスケット初心者が違反しやすい5つのルール

試合中に、ルール違反をしてしまうと、自分のチームにとって不利なことがおきます。

 

相手にフリースローを与えたり、時にはタイムアウトを与えたり。こういう不利なところから、点数につながることはよくあります。

 

そのため、試合に勝つうえでも重要なポイントにもなってくるんですよ。

 

①ボールを持った状態で3歩以上あるかない。

バスケットボールは、ドリブルで相手コートまで進み相手のゴールにボールを入れていくスポーツです。

 

そもそも、ボールを持った状態で3歩歩くとは。

両足が地面についた状態でボールを受けっとった場合、、ここから動かせる足は、左右どちらかの片足になるんですよね。

 

つまり、片足は地面に着けた状態。

 

地面についている片足を1歩、さらにもう片方の地面についている足を2歩とカウントします。この時点で2歩ですよね。軸足が3歩目として再び着地する前にトラベリングがレフリーからコールされます。

 


f:id:upuptou:20160325073445j:image

なので、ボールを持った状態で3歩歩かないどきましょう。

 

下記に動画のリンク貼り付けておきますね。


バスケ トラベリング

 

②【ドリブル→ドリブルやめ→ドリブル】は、ダメ!いわゆる、ダブルドリブル。

ドリブル→ドリブルやめ→ドリブルこの行為は、ダブルドリブルといいます。

 

一連のドリブルを行えるのは一度までとルールで定義されています。

 

尚、上記の①、②については、何度やっても退場などのペナルティーがありません。

 


f:id:upuptou:20160325073504j:image

③ファウル

ファウルは大きく分けて、2つです。

1:パーソナルファウル→個人ファウルですね。いわゆる、体の接触によって相手のプレーを妨げた場合に起こるファウルです。

 

2:テクニカルファウル

 

ファウルを犯した人には記録が残され、5回目のパーソナルファウル宣告で退場になります。

 

キックボール

ボールをとめようと故意に足に当てると、キックボールという違反になります。

 

もちろん、偶然に当たってしまった場合については、そのまま続行される場合もあります。ただし、レフリー次第ですねー。

 

 

⑤外側のラインは踏むな。

ライン上は、コート外になります。

ライン上でボールをついてしまったり、ボールを持っている人がラインを踏んでしまうと相手のボールになります。

 

もちろん、ライン上の空間については、相手のボールになりません。 

 


f:id:upuptou:20160325073521j:image

まとめ

今回紹介したルールは、バスケットをするうえで基本的なルールとなっています。なので、ルールを理解したうえで、練習や試合に挑みましょう。

 

尚、バスケットをするうえで、全部のルールは紹介していません。基本的な5つのルールについてしょうかいしました。

 

この記事が、これからバスケットを始める方や初心者の方にお役に立てれば嬉しいです。